FC2ブログ

昭和な団地で外国みたいなインテリア

古い団地の造りであっても、壁に色を塗ったり、木材などを打ち付けたりできれば、劇的な改造もできるのですが、それができない条件上でのインテリアの遊びをしています。2~3年おきの転勤の度、引越が簡単にできること。その際すべて元通りにすること。記事はアウトプットの日(古い団地の造りでの自身のインテリア)とインプットの日(お手本インテリアのお勉強)(気分転換癒し画像)の日があります。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「女子の人間関係」  

下は昨日読んでいた本なのですが、言葉で言い表すのが難しいデリケートな女特有の関係に焦点をあてているのが新鮮でした。

こういうテーマですと、なかには、きれいごとで実際には応用しにくい本もあったりする中、これは、知ったことでこれから安心して生きていけるなーというのが実感でした。(過去の傷が痛い場合もあるかも。)





http://chiharru.blog.fc2.com/
「女子の人間関係」サンクチュアリ出版




●価値が低い女になってしまうのが不安な、張り合ってくる人

●羨ましいものに対し正論を盾に意地悪なことを言う、他人のライフスタイルを非難する人

● 褒められたときどう返せばいい?女が褒めるということ

●傷ついた心による、自分の敵か味方か区別をしたがる傾向、形ばかりのつながり、いない人の悪口大会 。自分の領域と他人の領域の区別がつきにくく口出しをしたいお母さん病お姉さん病。女のミスの指摘は、単なるミスの指摘をはるかに超える意味を持ち、人格否定とすら受け止められ敵に。





過去、ただ腹が立つだけだったものが、その攻撃の背景にある相手の事情を考えると流せる余裕が生まれてきました。

もっと若い時に読んでいたらどんなに楽だっただろう。

私の場合、40代になった今は、この本でいう「女」度が年齢によって自然に下がったせいで楽になったのかもしれません。

団体行動が好きではないので多くはないにしても、人生の中では何度か「この人何故攻撃してくる?」と面倒なこともあったのですが、人は指摘してくれないため気づきにくい、自分が作っている原因にも気づけました。

相手との関係の濃さで、ただ巻き込まれないようにする、自分を守る、それでもその相手と付き合っていきたい場合の対処法まで段階別に踏み込んでくれています。

この先、もし不意に攻撃されるようなことが起こっても、これからは相手に巻き込まれ感情を乱されず、ドンと構えていられるかもしれません。


ただ女同士といえども嫁姑は特殊なようです。それは女同士の問題ではなく、原因は夫と姑の関係だからです。




お盆休みが終わり、嗚呼、やっぱり普段の日が一番いい!

北海道はお盆が過ぎると、急に涼しい風に変わります。

ベランダでたまごから孵った雛は、無事お盆前に3羽とも飛び立っていきました。

1か月ベランダにいた鳥が急にいなくなったので寂しくて、鳥を飼おうかと思い、鳥の育て方の本を読んでみたのですが、なかなか今までの生活を変えなけれなならないようです。

ペンキ塗りをする人、マニキュアを塗る人、夜型の人、テフロン加工のフライパンで調理をする人、タバコを吸う人は鳥と一緒に暮らすのは難しいようです。




関連記事

category: 溜息。

thread: 楽しく生きる - janre: ライフ

tag: ふと思う  心境 
tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。