FC2ブログ

昭和な団地で外国みたいなインテリア

古い団地の造りであっても、壁に色を塗ったり、木材などを打ち付けたりできれば、劇的な改造もできるのですが、それができない条件上でのインテリアの遊びをしています。2~3年おきの転勤の度、引越が簡単にできること。その際すべて元通りにすること。記事はアウトプットの日(古い団地の造りでの自身のインテリア)とインプットの日(お手本インテリアのお勉強)(気分転換癒し画像)の日があります。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

キッチンの棚  

http://chiharru.blog.fc2.com/


只今、デスクと同じパイン材の棚を注文中なのです。それまで今まで使っていたカラーボックスを乗せて代用中。
ちなみに、これは、カラーボックスに自分で色を塗ったもの。





最近、もうつくづくこの団地タイプの部屋、手を加えられないとなると、変えようにも限界で、つまらなくなってきて。

定年後はおそらく、夫の実家の二世帯住宅に住む事になるのではないかと思うのですが、その時、自由にできるとしてもそんな体力あるのか?!

しかし、あと20年近くある定年まで続く転勤。

子どもがいる人は、家を買って夫だけ単身赴任しているスタイルが多いですが、子どもがいないので夫婦で移動しています。
関連記事

category: キッチン

thread: 片付け・収納・お掃除 - janre: ライフ

tag: DIY 
tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。