昭和な団地で外国みたいなインテリア

2~3年おきの転勤で引越が簡単にできる事と元通りにする制約の中、壁に色が塗れなくても自由なスタイルと色を家具や布で遊んでいます。記事はアウトプットの日(どうする?団地のインテリア)とインプットの日(お手本インテリア)(癒し画像)があります。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お姑さんとどう付き合っていますか?  

http://chiharru.blog.fc2.com/
Found on behance.net

更新が空いてしまいました。

しばらく寝込んでいたのですが、復活してきました。

何があったのかと言いますと、先週、初めて夫の両親がうちに遊びに来ました。

結婚して8年経つのですが、夫の両親は高齢ですし、転勤で住んでいる場所が遠いため来た事がなかったのです。

夫と私は同じ歳なのですが、夫の両親は私の両親より歳がけっこう上なので、戦前、戦後からくる考え方や価値観の違いがかなりあります。私は祖母を想像して接している感じです。
http://chiharru.blog.fc2.com/
Found on cozycanadiancottage.blogspot.com


夫のお母さんには、相手が傷つくことをつい口に出してしまうところと、聞くとやる気をくじかれるネガティブな事を言うところがあるのですが、悪気はないのはわかっていること、過去のトラウマやコンプレックスをわかっていることもあり、高齢なので優しい気持ちで流してあげようと思ってきたのですが、今回はダメージが大きすぎて、しばらく寝込んでしまいました。

心の準備ができていない領域で無防備だったため、びっくりしてしまい、まだまだ自分の見る目は浅かったことを思い知りました。


http://chiharru.blog.fc2.com/
Found on m-onochrome.tumblr.com




夫の両親の性格の何が欠けても、今の夫の性格は出来上がらなかったのでしょうから、この夫の性格を作ってくれた事に感謝するように思うこととして。言われた事を早く忘れたい今日この頃なのでした。

http://chiharru.blog.fc2.com/
Found on sphotos-h.ak.fbcdn.net








http://chiharru.blog.fc2.com/
Found on pinterest.com








http://chiharru.blog.fc2.com/
Found on drivinginthesun.tumblr.com





部屋にあった3つのつぼみを付けている植木を見て「これは咲かない」と言われ、咲かない暗示をかけられたような気がしたつぼみも今日花が開きました。

http://chiharru.blog.fc2.com/
Found on pinterest.com




なかなかやる気が出なくて困っていますが、インテリアの記事を更新できるように頑張りますので、また遊びに来てくださいね☆

http://chiharru.blog.fc2.com/
Found on tumblr.com


更新の励みにどれかクリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
いつもお付き合いくださいまして感激ですあなたのことも教えてくださいね☆
コメント欄の出し方は、右下の cm をクリックです!
関連記事

category: 溜息。

thread: 夫婦二人暮らし - janre: 結婚・家庭生活

tag: 私の周りの人々  溜息 
tb: 0   cm: 8

コメント

しゃむねこさんへ

今度もし気が向いたらメールフォームの方にメールを頂けたら、もう少し書きたい事も書けるかなと思います。

相手の家が自分の家より田舎、もしくは自分の親の年齢より相手の親の年齢が上だと難しいですよね。逆のパターンもあると思いますが。北海道と言っても札幌は実はそんなに田舎っぽい感覚は持ってないのよ。妹は東京の人と結婚したのでスマートにいってますね。

ただ人生は良いことも悪いこともトータルで見ると結局はプラスマイナスゼロなような気がするんです。

うちも子どもはいないのですが、私達は結婚した年齢自体が遅かったので仕方ないのもありますし、私自身がそれほど望んでもいないので、傷つかなくて済むのだと思いますが、その問題についての無知さからくる無責任な言動でどれだけ相手を傷つけているか分からない人っているんですよね。

心の傷は人が何と言おうと辛いですよね。そんな簡単なものじゃないです。

お嫁さん同士を比べるなんてひどすぎるわ! 腹が立つわ~

人間関係において実は一番残酷なのは無視だと思うんです。本当にもうどうにもならない相手には私は無視するでしょう。一言も話しかけず、何を質問されても無表情で「はい」一言以外は何も喋らず目も合わせないでしょう。個人的なメールならもっと毒舌になるところですがこの辺にしておきます。


そんなにしっかりしなくても、大変だったら甘えちゃってもいいんじゃないかな。だめかな?

やっぱり自分は自分なので、自分を大切にする方法は保っていてくださいね。

ではまたね☆

URL | chiharru #-
2014/04/13 03:36 | edit

私は元気です(^^)

お返事を読んで、思わずまたコメントを(;^^A

なんだか私の方が優しい言葉をいただきまして、ありがとうございます☆

しきたりと言っても、形式ばったものがあるわけじゃないので、私のかわし方次第なんです。

ただ圧倒的な価値観の違いというんでしょうか。
古すぎるやろ…という(笑)

基本的には友好的に接する自分である努力をしていたのですが、何を言われてものみこみ続けるのは、自分を見失いますね(;_;)

旦那さんは男兄弟2人でして。そちらのお嫁さんと何かといいも悪いも比べたりされるのが一番今もきついです。

私は皆さんの中で一番年下で、いいたい事があんまり言えないというか(笑)

しっかりしなくてはと気を張ってしまい。


私は子宮に不調をずっと抱えてまして。子供を授かれるかどうか…それでも孫はほしいものですよね(;^^A
弟さん夫婦は子供を順調に授かり、それはご両親にもよかったなぁと思ったのですが…今度はいろいろ皆さんから変な気遣いにあいだして、どっと疲れたりします(笑)

そういう方面への期待や悪意はなくても傷つく言葉、行動が義理の家族からあったこと。

なかなか自分の中から消せないです。

受け入れがたいものをバンバン浴びた時期が結婚してから続き、でも選んだのは自分だもんな…と、悩んでいました。

私の場合、自分が悪いのだなぁと今思います。

旦那さんにも過剰に反応し過ぎていると指摘されました('ω`;)

普通に話している時は問題なく、ご両親には感謝もあります。
旦那さんの大切な人々ですから元気でいてほしいです(^^)

相手の通ってきた道で今の在り方になったことは、接してきて感じているので。
私の距離感が大切だなと。
私には私の毎日があるのだという当たり前を今見て生きています。

私もchiharruさんの幸せを願っています☆

ありがとうchiharruさん☆

URL | しゃむねこ #-
2014/04/12 11:34 | edit

しゃむねこさんへ

しゃむねこさんお久しぶりです!お元気でお過ごしでしたか?

しゃむねこさんが今は程よく距離を保てていることに少し安心です。

最初の頃は本当に辛かったでしょうね。

寝込むのは私だけじゃないのね。


北海道は本州と比べて、しきたりがあまりないので、しゃむねこさんの長男の役目の話にすごく興味があります。機会があったら是非聞きたいわ。

そうかー、親戚が集まる機会の話、、胸が痛いです。


うちの夫は、お姑さんに注意した方がいいんじゃないかと言うのですが、自分で考えると失言したことってとても自分を責めて苦しいものなので、高齢の人にそれはやめようと。そして、なにか一言でも言った時それが最後、もう関係は回復しないものだと思いますしね。



悪気ない→性格悪いということなんですけどね。他人なら付き合わなきゃいいだけだから簡単な事なんですけどね。

いやー、しゃむねこさんの事の方が気になってきてしまいました。

くれぐれも無理はなさらないでくださいね。頑張りすぎないでね。

優しいしゃむねこさんの幸せを私は願っていますよ!

URL | chiharru #-
2014/04/12 05:07 | edit

ミーコさんへ

ミーコさんお久しぶりです! お元気でお過ごしでしたか?

うちのお姑さんは、そのまた舅と姑に私なら絶対に離婚するなと思うほど、本当にひどい仕打ちをされてきているんです。それを聞くとかわいそうになって優しくしてあげようと思うのですが、姑はその恨みが凄すぎて偏屈になってしまっているんです。

冷静になれば、舅は私に好かれたいと思っているのをとても感じるし、姑も気を遣ってくれてるのはわかるんです。そうすると冷たくしたかなとまたかわいそうになったりもするのですが。その場のダメージが…。

物凄い嫁姑バトルというわけではないので、分かってもらえないかなとも思ったのですが、実は皆同じような我慢があるということが分かって流せるような気持ちになってきました。書いて良かったです。

ほんとミーコさんの話を聞いても自分と重なり胸が痛みます。



人と関わる限り完璧な環境なんてないですもんね。

だんだん元気になってきました!優しい言葉有難うございました。

URL | chiharru #-
2014/04/12 04:24 | edit

そうでしたか('ω`;)

chiharruさん、コメントご無沙汰しておりました☆

体調は少し回復したでしょうか?大丈夫かなぁ…
大変でしたね(;_;)


私は現在結婚五年目ですが結婚当初からよく義理の家族との付き合いに悩みダメージが大きい時は寝込みました…

今は以前より、ほどよく距離をとって付き合いをしています。


いまだに親戚の皆さんが集まる機会になる時は、数日前から体調が不安定になり、胃が痛くなります(;^_^A

あぁ…辛かったろうなぁとちょっと自分を重ねてしまいました。

そうなんですよね…

彼らがいなければ旦那さんはいなかった…

そしてあの悪気はない言葉たち。

それでも、悪気がなければなんでもありではないはずなんだけれど。


旦那さんの親だからといって、自分がお嫁さんだからといって、何かが特別なわけではなく、人間関係のひとつに変わりないんですよね。


うちの旦那さんは長男なのですが、根強く長男の役目云々などの価値観が一家にはあります。


周りの友人には話をするとすごくビックリされました(笑)

なんていうか…

悪意が無いということは、相手のそこが一生変わることがないだろうという証明なだけにきついものがあります。

なるべくいいところを見て、嫌な思いをした記憶は忘れてしまいたいのですが…なかなか関係からいうと特にすんなりは難しいものですね。


長くなってしまいすみません(T_T)

どうかお体とその感性豊かなあたたかい心を大切に☆

大好きな世界の画像の数々に興奮してしまいました(笑)

宇宙、不思議の国、はてしない物語。

私たちの人生の物語、小さくも、はてしないものですね。

楽しいこと、嬉しいこと、ありがとうと爽やかなさようなら。

こういうシンプルを人生の終わりには沢山抱えて眠りにつけたらなぁと今思っています。

なかなかシンプルまでの道は険しい旅になりそうです(笑)

明日がよい1日でありますように☆


URL | しゃむねこ #-
2014/04/11 23:56 | edit

お久しぶりです〜こんばんは!
体調崩されていたなんて余程ですね…。姑や舅って存在はいつの時代も嫁にとっては驚異のように思います(笑)
夫の母は比較的優しいですが、それでもはらわたが煮え繰り返るような事も大袈裟ですがありました^^;
でも出来るだけ仲良く穏やかな関係でいられるようにお互いが努力しているような気がします〜
chiharruさんは優しいし、真面目な方なので真っ正面からドーンと受け止めてしまわれて、精神的に辛くなられたのかもしれませんね…
軽く流せずモンモンと私も考えたりしてしまいますが、chiharruさんどうぞ元気を出して下さいね(*^^*)

URL | ミーコ #-
2014/04/11 22:46 | edit

「あれは何だったんだろうと考えても答えが出ない」

その意味が痛いほどわかります。


今回のことによって、もしかしたら自分も全く悪気はないのにジェネレーションギャップによって、気付かず若い人を傷つけているのかもしれないと自分を見つめ直す機会があったことをプラスに考えたりもして、無駄な経験ではないと言い聞かせたりもします。

その時代の人は、常にその時代にあった生き方で生きているわけですから、自分の育った時代に合った価値観を押し付けてもその時代の人は上手くいかないでしょうし、責任も取れないと思うんです。慎重に接しないといけないなと思ったりします。


対処法が見つからないという言葉を聞いて、私よりとっても優しい方なのだと思うんです。私はけっこう割り切って自分と関係ないと切り離して考えたり、距離を置いたりします。

見ず知らずの私に時間を割いて優しい言葉をかけてくれるあなたの幸せを願って応援しています!!

元気が出ました。有難うございます☆人を元気づけられるあなたは素晴らしいです!

URL | chiharru #-
2014/04/11 19:13 | edit

こんにちは

わかります、私もダメージ受けること多々あります。

あれは何だったんだろうと、いつも考えるけど答えはでません・・・

対処法は、いまだ見つかってません・・・(笑)

いつもブログを拝見して思うことは、chiharruさんは

とっても素敵なセンスの持ち主だということ。

ピックアップされる写真も大好きです。

どうぞ、お元気だしてくださいね~

URL | 匿名 #-
2014/04/11 12:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiharru.blog.fc2.com/tb.php/378-6578d718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。