昭和な団地で外国みたいなインテリア

2~3年おきの転勤で引越が簡単にできる事と元通りにする制約の中、壁に色が塗れなくても自由なスタイルと色を家具や布で遊んでいます。記事はアウトプットの日(どうする?団地のインテリア)とインプットの日(お手本インテリア)(癒し画像)があります。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

狩猟系と農耕系の気質の違い  

http://chiharru.blog.fc2.com/
小樽市



週末は小樽で、船に乗って釣りに付き合っていました。

父が浜出身で、物心がついたら海で泳いでいたというような人なので、素潜りでウニを捕ってくれたり、子供のころからレジャーといえば海でした。夫は農耕的な環境で育ち、物静かで、うちの家族の中にいると、カルチャーショックを感じていることでしょう。

秘密のケンミンshowを見て知ったのですが、海水浴場でテントを張ってキャンプをしたり、炭火をおこしてジンギスカンをするのは当たり前じゃないのですね!テントの中で水着に着替えて、海で遊び、おなかが減ったらテントの横で炭火をおこしジンギスカンを食べるのが普通だと思っていました。聞いてみると北海道の中でも、石狩湾近郊だけのようです。




小樽運河
http://chiharru.blog.fc2.com/
static.panoramio.com


北海道の中でも、転勤でいろいろな地域に住むと、その地域によって気質に特徴があったりして、実はそれも楽しみのひとつで(←変人か)興味深いんです。

乱暴な分け方ですが、育った環境が農耕系か狩猟系かの違いを感じます。私は狩猟系なので、農耕系の土地の時はおとなしくするようにしています。

この前まで住んでいた十勝地方は農耕的な地域性で、控えめでおとなしく、男性に尽くす様子に、私はここでは結婚できないだろうなと思いましたが、今住んでいる道南の沿岸部は違和感ないです。夫は農耕的な方が馴染むようで、夫が地元の人で私はどこか遠い所からお嫁に来たと思われていました。



本州と北海道で考えてみると、本州の方にとっては、「自分はこんなに気を使っているのに、北海道の人は大雑把で随分ハッキリ言うなぁ」と感じるようです。勿論、いろんな人がいますよ。






カレイや、アブラコが釣れ、船の上で刺し身で食べました。お醤油を付けなくても、海水で食べると美味しいのです。

       アブラコ(アイナメ)                   カレイ
http://chiharru.blog.fc2.com/ http://chiharru.blog.fc2.com/
               北海道のお魚カレンダー9月の魚 北海道


あとは食べられないフグばっかり。
http://chiharru.blog.fc2.com/
     静岡市食の安全・安心ホームページ



ではまた遊びに来てくださいね☆
更新の励みにどれかクリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
いつもお付き合いくださいまして感激ですあなたのことも教えてくださいね☆
コメント欄の出し方は、右下の cm をクリックです!
関連記事

category: ─北海道人

thread: 暮らし・生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiharru.blog.fc2.com/tb.php/291-6170534e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。