昭和な団地で外国みたいなインテリア

2~3年おきの転勤で引越が簡単にできる事と元通りにする制約の中、壁に色が塗れなくても自由なスタイルと色を家具や布で遊んでいます。記事はアウトプットの日(どうする?団地のインテリア)とインプットの日(お手本インテリア)(癒し画像)があります。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

美しい和室  

Source: victoriainteriors.blogspot.com via chiharru on Pinterest



こんな和室は本当に美しいですよね!

西洋が「盛る」なら、日本は「そぎ落とす」ですね。
家具を必要としない造りの和室というのは素晴らしいです。




こちらもなんて味があるのでしょう。

Source: flickr.com via chiharru on Pinterest



現代の賃貸アパートに多くある、のっぺらぼうのような壁や天井と、窓のサッシやプラスティックの蛍光灯カバーなど、日本の文化に、中途半端に西洋風が混ざってしまうのは本当に勿体ないと思います。でもコストの問題なんですよね。 

ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですがあなたに感激です
関連記事

category: 色々な国

thread: インテリア - janre: ライフ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiharru.blog.fc2.com/tb.php/193-4472de3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。