昭和な団地で外国みたいなインテリア

2~3年おきの転勤で引越が簡単にできる事と元通りにする制約の中、壁に色が塗れなくても自由なスタイルと色を家具や布で遊んでいます。記事はアウトプットの日(どうする?団地のインテリア)とインプットの日(お手本インテリア)(癒し画像)があります。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

週末だけ働くことにしました  

週末、行きつけの飲食店で、夏の間の繁忙期だけお店の手伝いをしてくれる人を探しているという話になり、来年転勤かどうかもわからないような状態の私にとってはとても嬉しいお話。マスターもお店のお客さんも好きですし、私でもいいと言ってくださるので、夫に話してみたところ、猛反対にあってしまいました。

夜の営業ということ、お酒がメインのお店ということで、朝まで生テレビみたいな状態に↴

朝方、どちらかが言葉を発したのを最後にリビングでそのまま二人とも眠りに落ち、そして目覚め、再び説得し、とうとうOKが出ました。

転勤で住む、その地域や人を知りたいということ、そして、せっかくご縁があって住むのですから、その土地で貢献したいという気持ちがあり、今回のお店のある場所はこの地域では一番人が集まるところですので経験をしてみたかったのです。

ではまた遊びに来てくださいね☆
更新の励みにクリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですがあなたに感激です
関連記事

category:

thread: 結婚生活 - janre: 結婚・家庭生活

tag: 男と女 
tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiharru.blog.fc2.com/tb.php/189-ba5bad7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。