FC2ブログ

昭和な団地で外国みたいなインテリア

古い団地の造りであっても、壁に色を塗ったり、木材などを打ち付けたりできれば、劇的な改造もできるのですが、それができない条件上でのインテリアの遊びをしています。2~3年おきの転勤の度、引越が簡単にできること。その際すべて元通りにすること。記事はアウトプットの日(古い団地の造りでの自身のインテリア)とインプットの日(お手本インテリアのお勉強)(気分転換癒し画像)の日があります。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

フランス女性の「コトリー」  

http://chiharru.blog.fc2.com/
プレジデント社

フランス女性はファーストフードを好みません。同じように、即席のセックスも好みません。もちろんアバンチュールに身をやつす瞬間はありますが、その際はすべてが秘密のまま終わるよう、細心の注意をはらいます。愛に関するほとんどすべてにおいて、フランス女性は時間をかけ、ふざけ合いや誘惑、相手を惹きつけるプロセスを愉しむのです。


・・・・・…・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結婚しても、自分の世界は持ち続けた方がいいと思うんです。夫には、自分の知らない部分があるのかと多少ミステリアスに映る部分があった方が、長い夫婦関係には良い刺激になって新鮮でいられますし、女性として現役でいる意識もできますしね。あくまで常識の範囲内で何事もほどほどにですが。



上の本は最近読んだ本で、フランス女性は「コトリー」(coterie)という、男女が入り混じった仲間や仲良しグループを持っていると知り、あらためてそんなことを思ったりしました。

精神的に美しい気分になれる、女性としての意識とプライドを再確認できるような本でした。



スポンサーサイト

category:

thread: 結婚生活 - janre: 結婚・家庭生活

tag: ふと思う 
tb: --   cm: --

週末だけ働くことにしました  

週末、夫婦でよく行く飲食店で、夏の間の繁忙期だけお店の手伝いをしてくれる人を探しているという話になり、私でもいいと言ってくださるので、夫に話してみたところ、猛反対にあいました。

夜の営業ということ、お酒がメインのお店ということで、朝まで生テレビみたいな状態に。

朝方、どちらかが言葉を発したのを最後にリビングでそのまま二人とも眠りに落ち、そして目覚め、再び説得し、とうとうOKが出ました。

転勤で初めて住む、その地域や人を知りたいということ、そして、せっかくご縁があって住むのですから、その土地に貢献したいという気持ちがあり、今回のお店のある場所はこの地域で一番人が集まるところですので経験をしてみたかったのです。

category:

thread: 結婚生活 - janre: 結婚・家庭生活

tag: 心境 
tb: --   cm: --

12モンキーズ  

http://chiharru.blog.fc2.com/
amazonより

「12モンキーズ」というSF映画。初めて観た時は、ラストシーンのあまりのやるせなさに呆然となってしまいました。


ちなみにうちの夫はSFとアニメしか観ません。私の観たいものに付き合ってはくれますが、恋愛映画は多分、細かいニュアンスは完全にはわかっていないんじゃないかなーと思います。

でも私は、2択でヤンキーか、おたくか、どちらかを選ぶとしたら、おたくを選びます!

ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですがあなたに感激です

category:

thread: DVDで見た映画 - janre: 映画

tag: 映画  私の周りの人々 
tb: 1   cm: --

「イイ男」ではなく 「イイ女にしてくれる男」  

http://chiharru.blog.fc2.com/


映画「ブラック&ホワイト」を観てきました。

映画の中に「イイ男ではなく、イイ女にしてくれる男を選びなさい」というセリフがありました。なるほどね~と、ひとりでしばし感銘を受けていましたが、隣の夫はスルー。

イイ女にしてくれる男か…。イイ女にもいろんな定義がありますよね。

恋愛においては、自分に自信が持てることじゃないかと思います。

イライラさせない男がいいのではないかと。



category:

thread: 独り言 - janre: 恋愛

tag: 映画  ふと思う 
tb: --   cm: --

だめんずうぉ~か~ / モラルハラスメント  

モラハラ、DVのブログを読みこんでしまっていました。モラルハラスメントとは 精神的な暴力、嫌がらせのことです。→モラハラの特徴 



私は 友達に言わせれば 元 だめんずうぉ~か~だそうです。
ここをクリックで立ち読みできます
http://chiharru.blog.fc2.com/

結局 私は相手より精神的に強くてマインドコントロールされないので 別れを選択できますが DV男と別れるのはかなりのパワーがいると思います。

DVにあっていて、周りに反対されても、自分で気が済むまではわからないと思います。恋愛ってそういうものだと思います。

この人は優しい時は本当に優しいからと 飴とムチ的な報酬を与えられることによって こういう形の愛なのだと錯覚してしまう。DVは 徐々に精神的にコントロールをしてゆき 様子を見ながら 相手が逃げないという自信を持った上で行われる確信犯だと思います。いつかは治ると期待していても 他者が入らずに治ることはないと思います。

それでも愛が残っているかもしれません。でも どうか強い意志を持って 新しい一歩を踏み出して。

自分の価値に気付いて 自分を大切にしてあげてほしいと思います。

モラハラ男性に引っ掛かりやすい女性の特徴には、肩書やブランドに弱い あまり人に親切にされることに慣れていない、 逆に、愛されて育ったため人を疑うことを知らないというのがあるそうです。

☆こころ☆さんによるモラハラ男度チェックは興味深いものがあります。

 1.付き合う前は本当に優しくふるまう
    
 2.地位が高い又は収入が多い

 3.プライドが高い

 4.何と言っても外面が良い

 5.平気でウソをつく(都合のいい妄想)

 6.後だしジャンケンで必勝(会話の仕方)
 
 7.気が小さい事を隠してる

 8.食事にうるさい

 9.こだわりが多い・細かいことに異常にこだわる
 
 10.結果的に妻(☆こころ☆や他人)のせいにする・全部人のせい

 11.「お前は何をやっても駄目な人間と言い続ける

 12.相手や相手の周りの人をバカにする。

 13.嫉妬深い

 14.怒ると別人→人格の豹変

 15.どケチ

 16.自分の意見が絶対



category:

thread: 結婚生活 - janre: 結婚・家庭生活

tag: ふと思う 
tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。