昭和な団地で外国みたいなインテリア

2~3年おきの転勤で引越が簡単にできる事と元通りにする制約の中、壁に色が塗れなくても自由なスタイルと色を家具や布で遊んでいます。記事はアウトプットの日(どうする?団地のインテリア)とインプットの日(お手本インテリア)(癒し画像)があります。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

狩猟系と農耕系の気質の違い  

http://chiharru.blog.fc2.com/
小樽市



週末は小樽で、船に乗って釣りに付き合っていました。

父が浜出身で、物心がついたら海で泳いでいたというような人なので、素潜りでウニを捕ってくれたり、子供のころからレジャーといえば海でした。夫は農耕的な環境で育ち、物静かで、うちの家族の中にいると、カルチャーショックを感じていることでしょう。

秘密のケンミンshowを見て知ったのですが、海水浴場でテントを張ってキャンプをしたり、炭火をおこしてジンギスカンをするのは当たり前じゃないのですね!テントの中で水着に着替えて、海で遊び、おなかが減ったらテントの横で炭火をおこしジンギスカンを食べるのが普通だと思っていました。聞いてみると北海道の中でも、石狩湾近郊だけのようです。




小樽運河
http://chiharru.blog.fc2.com/
static.panoramio.com


北海道の中でも、転勤でいろいろな地域に住むと、その地域によって気質に特徴があったりして、実はそれも楽しみのひとつで(←変人か)興味深いんです。

乱暴な分け方ですが、育った環境が農耕系か狩猟系かの違いを感じます。私は狩猟系なので、農耕系の土地の時はおとなしくするようにしています。

この前まで住んでいた十勝地方は農耕的な地域性で、控えめでおとなしく、男性に尽くす様子に、私はここでは結婚できないだろうなと思いましたが、今住んでいる道南の沿岸部は違和感ないです。夫は農耕的な方が馴染むようで、夫が地元の人で私はどこか遠い所からお嫁に来たと思われていました。



本州と北海道で考えてみると、本州の方にとっては、「自分はこんなに気を使っているのに、北海道の人は大雑把で随分ハッキリ言うなぁ」と感じるようです。勿論、いろんな人がいますよ。






カレイや、アブラコが釣れ、船の上で刺し身で食べました。お醤油を付けなくても、海水で食べると美味しいのです。

       アブラコ(アイナメ)                   カレイ
http://chiharru.blog.fc2.com/ http://chiharru.blog.fc2.com/
               北海道のお魚カレンダー9月の魚 北海道


あとは食べられないフグばっかり。
http://chiharru.blog.fc2.com/
     静岡市食の安全・安心ホームページ



ではまた遊びに来てくださいね☆
更新の励みにどれかクリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
いつもお付き合いくださいまして感激ですあなたのことも教えてくださいね☆
コメント欄の出し方は、右下の cm をクリックです!
スポンサーサイト

category: ─北海道人

thread: 暮らし・生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

鳥に囲まれる  

http://chiharru.blog.fc2.com/
道北のクッチャロ湖です。





http://chiharru.blog.fc2.com/






http://chiharru.blog.fc2.com/
鳥好きにはたまりません!












http://chiharru.blog.fc2.com/



http://chiharru.blog.fc2.com/
ではまた☆
更新の励みにどれかクリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
いつもお付き合いくださいまして感激ですあなたのことも教えてくださいね☆
コメント欄の出し方は、右下の cm をクリックです!

category: ─北海道人

thread: バードウォッチング - janre: 趣味・実用

tag: 鳥好きな方へ   
tb: 0   cm: 0

イサムノグチ設計のモエレ沼公園  

http://chiharru.blog.fc2.com/
テトラマウンド

札幌市東区にある、イサムノグチ設計の壮大なモエレ沼公園です。




「大地を彫刻する」ノグチの原点となった遊び山、プレイマウンテン。
http://chiharru.blog.fc2.com/
札幌市東区唯一の山であり、現在麓からの高さは52mですが、将来的には自重で沈み、50mになる予定。

ノグチが1933年に発案したセントラル・パークに遊園地をつくるプランである《遊び山》(実現せず)。長年温められてきた構想が、この公園で初めて実現されました。
http://chiharru.blog.fc2.com/
この大地に直接作品を彫り込むというコンセプトは、ランドスケープアートの先駆的なアイディアとも言えるでしょう。 瀬戸内海に浮かぶ犬島から運んできた花崗岩を積み上げた石段は99段。その斜面はギザのピラミッドなど古代の遺跡を連想させます。





ガラスのピラミッドHIDAMARI
http://chiharru.blog.fc2.com/
屋外の環境を直接に反映し、夏には美しい芝生で切り取られた青空を、冬には一面の雪原の美しさを、公園の風景と一体になったかのような感覚を味わうことができます。環境負荷配慮のために館内の冷房システムに「雪冷房」を導入していることでも注目を集めています。






海のない札幌の子どもたちにノグチが贈った水遊び場、モエレビーチ
http://chiharru.blog.fc2.com/
ごく緩やかなすり鉢状の敷地の中央部に、イサム・ノグチの平面造形による浅い池が設けられています。池の中心から湧き出した水は美しい波紋を描きながら、珊瑚で舗装された海辺へと広がっていきます。






桜に囲まれた、子どもたちの冒険場、サクラの森
http://chiharru.blog.fc2.com/
「大人の世界ではなく、背丈90cmの人間が走り回る世界です。僕が創造したものを子どもに発見してもらいたい。原始、人がそうしたように子どもにも直接向き合ってもらいたいのです。」
―イサム・ノグチ(1988)
http://chiharru.blog.fc2.com/
設置している遊具はすべてイサム・ノグチがデザインしたもので、森の中に遊具は126基あり、目に見えるもの全てを遊びにすることができる子どもたちがチャレンジできる世界。

スライドマウンテン
http://chiharru.blog.fc2.com/

とても広いので、入り口でレンタル自転車を借りるのがお薦めです。

ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですがあなたに感激です

category: ─北海道人

thread: 北海道 - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 7

道東のドライブは鹿に注意!  

http://chiharru.blog.fc2.com/
知床で、車の窓から撮った大きな鹿。野、野性味に溢れます。

道東は、車と鹿の接触事故が多く、その際全損になることも。フロントガラスが割れ鹿が車内に入ってしまったり。

鹿は夜行性なので、(薄明薄暮性はくめいはくぼせい明け方と薄暮に活発になる。薄明るい月夜も狩猟期には夜行性になる。ふだん夜行性動物であると説明される多くの動物が実際には薄明薄暮性動物)北海道をご旅行なさる方は、夜の運転は気をつけてください。JRも鹿とぶつかって止まることがあります。



阿寒のオンネトー
http://chiharru.blog.fc2.com/
まるで水の中から発光しているよう。時間で湖の色が変化します。
もともとは観光地ではなかったのですが、だんだん知られるようになり、今は観光バスも入るようになっています。



こちらは美瑛町の青い池。
http://chiharru.blog.fc2.com/
ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですが、あなたに感激です

category: ─北海道人

thread: 北海道 - janre: 地域情報

tb: 0   cm: --

帯広の北の屋台  

http://chiharru.blog.fc2.com/
おそらく帯広で一番人が集まるところなのではないかと思う、活気にあふれる「北の屋台」 

その土地の雰囲気を知りたいので転勤すると、まず、そんなところに行ってみます。

居酒屋やレストランなどもいろいろ行ってみましたが、どうしても都会の基準で考えてしまいますので、接客態度等洗練されていない所が多く、後味が悪くリピーターにはなりえませんでしたが、北の屋台は面白いです。

普段、たくさんの人とすれちがっていながら、話をすることなどありませんが、ここでは居合わせた人と自然に会話がはじまります。ひとつの屋台は7~8席くらい、狭いからこその良さがあります。普段の生活の中では決して知りあうきっかけがないような、全く違う分野の人との出会いは貴重です。 

他の屋台からの出前もOKで、地産地消の料理、飲食店営業の許可を得ているので刺身などの店もあります。上下水道、電気、ガス完備、きれいな水洗トイレもあるので、他の地域の屋台に比べると料金設定は少々お高めにはなるようです。

相性の合う店、合わない店は当然ありますが、20軒のお店があるので自分と相性の合う所がきっとあるはず☆

P.S 後日談ですが… 実は私、ここが好きで、後に働くことになりました。ほんの短期間でしたが本当にいい勉強と経験をさせていただきました。とてもいい思い出です。



ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですがあなたに感激です

category: ─北海道人

thread: 北海道 - janre: 地域情報

tb: 0   cm: --

北海道人気質  

北海道人には、あまり話に裏というものはないような気がします。北海道の中でも、札幌に古くから住んでいた人は傾向が薄くなるようです。勿論個人差はあります。 



先日、京都の人に聞いた話に衝撃を受けました。

ご近所の方に「バイオリンを習い始めたのですか?」と聞かれた時は、「練習の音がうるさい」という裏がある事を察しなければならないということ、玄関先で「お茶でも」と言われた時は、帰って欲しいという意味だということも。

そして、社交辞令の話。

「招待状を送ってください」とか「その本貸して下さい」と言われたら、おそらく、北海道の人は本当に送るし、本を持ってくる人も多いんじゃないかなぁ。じゃないと、逆に失礼なんじゃないかと思うような。「貸して」とまで、わざわざ言う必要があると思えないのですよねー。

私も「今度遊びに来てください」とか「メールするね」くらいは社交辞令で言ったこともなくはないですけど、本当に来ても、それほどびっくりはしないかな。

逆に、仕事の営業などで北海道に来た京都人は 要らないものをはっきりと断る北海道人に、けっこう傷つくのだそうです。

北海道の人は多分そのくらいでは、めげないかな? 勿論これも個人差はありますよ。



北海道に渡ってからの先祖は5代くらいだと思いますし、お墓も捨ててくるしかなかったでしょうから、しきたりも、しがらみも少ないのでしょうね。そして、開拓の過酷さの中で細かいことなど言っていられなかったでしょうし、女性も男性と一緒に外に出て、開拓した歴史があるため、北海道の女性はちょっと「強い」と感じるかもしれません。


苫前町郷土資料館にある三毛別ヒグマ事件(熊嵐)の再現
http://chiharru.blog.fc2.com/
【三毛別(三渓)ヒグマ事件】
大正4年12月9日・10日両日、町内三毛別(三渓)で冬ごもり前の一頭のヒグマが、空腹から凶暴性を発揮し、10人の婦女子を殺傷(7人が殺され、3人が重傷)した事件。(ヒグマ身の丈2.7m重さ380kg)


http://chiharru.blog.fc2.com/
本、吉村昭さん著なので、とてもリアルで、開拓当時の日常生活や人間性までよくわかります。


三毛別ヒグマ事件復元現地 
http://chiharru.blog.fc2.com/
苫前町
開拓の悲話を通して不屈の開拓精神と先人の偉業を後世に伝えようと三渓地区住民の強い熱意で復元された現地は、山奥の森林に囲まれた薄暗い場所で、今にもヒグマが出現しそうな雰囲気があり、訪れる人々にとってスリルを感じる隠れた人気の観光スポットとなっています。
※現地には、本物の野生の熊が出没することがございますのでご注意下さい。


http://chiharru.blog.fc2.com/
ではまた。
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですがあなたに感激です

category: ─北海道人

thread: 暮らし・生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。