昭和な団地で外国みたいなインテリア

2~3年おきの転勤で引越が簡単にできる事と元通りにする制約の中、壁に色が塗れなくても自由なスタイルと色を家具や布で遊んでいます。記事はアウトプットの日(どうする?団地のインテリア)とインプットの日(お手本インテリア)(癒し画像)があります。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リメイクの靴箱  

http://chiharru.blog.fc2.com/
夫が独身時代から持っている戸棚をブルーにペイントし、扉を付け靴箱にリメイクしました。元々はカラーボックスのような質感でブラウンでした。






ペンキは、壁紙屋本舗さんのイマジンウォールペイント・フレンチビンテージカラー「8月の地中海」です。
http://chiharru.blog.fc2.com/
このシリーズが好きで、洗濯機もこのシリーズのペンキで塗っています。→過去記事








ガラスの引き戸が付いていたのですが無くしたそうで、その部分に板の扉を付けました。設置は上部を丁番で留めているだけです。
http://chiharru.blog.fc2.com/
ガラスの取っ手が綺麗でしょ?!新しく付ける扉の分の2つだけ買いました。1個500円ちょっとです。また気が向いたら下の元々付いていた取っ手もとり変えるかもしれません。 

扉にする板はホームセンターでカットしてもらったのですが、担当の方の経験が少なかったようで2回やり直してもらうことに。お互い気を遣いますが、サイズが入らなかったら使えないので仕方ないです。これより横幅が大きかったらやはり入りませんでした。




 


更新が2か月近く空いてしまいました。 

この間、何をしていたのかと言いますと、まず、夫が腸の炎症で入院してしまいまして、毎日病院に行っていたものですからすっかり生活スタイルが変わり、パソコンから遠ざかってしまいました。男性にとって年齢的にちょうど変調をきたす時期なのでしょうが、夫は見事に前厄、本厄、後厄と厄年のあおりを受けた3年間となりました。

その後はと言いますと、ニュージーランドに行っていました。

ニュージーランドは南半球なので日本とは季節が逆です。南に行けば行くほど南極に近くなり寒くなります。家々は光を取り入れるための窓を北側に採り、日差しが北から差すという不思議な感覚。そしてどこまでも続く草原とたくさんの羊の風景です。

国民性はとってもフレンドリーでちょっとシャイな人が多い? お節介ではないのに親切なのは見習いたいです!

ではまた遊びに来てくださいね☆
更新の励みにどれかクリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
いつもお付き合いくださいまして感激ですあなたのことも教えてくださいね☆
コメント欄の出し方は、右下の cm をクリックです!
スポンサーサイト

category: 玄関

thread: DIY - janre: ライフ

tag: DIY   
tb: 0   cm: 2

スペインの風を私からのお土産に~後編~  

ドンキホーテの風車。あいにくの曇り空。http://chiharru.blog.fc2.com/
なんて大きな空。この風車にはどんなに真っ青な空が似合うことでしょう!
http://chiharru.blog.fc2.com/

スペイン南部アンダルシア地方「ミハス」という街の昔の闘牛場。
http://chiharru.blog.fc2.com/
地中海に面した白壁の家並みが美しい街。
http://chiharru.blog.fc2.com/
ホテル以外は英語は通じないようなので、その都度指さし会話帳を見ては暗記して会話しました。
http://chiharru.blog.fc2.com/
日本語と発音が似ているので一発で通じるのが嬉しくて、そんなことを繰り返しているうちにちょっとだけ覚えました。
http://chiharru.blog.fc2.com/
おもしろかったのがスペイン語で「バカ」が「牛肉」で「アホ」が「にんにく」なんです。ね、なんか覚えやすいでしょ。
http://chiharru.blog.fc2.com/

曇っていなければこの向こうにはアフリカ大陸が。
http://chiharru.blog.fc2.com/
ディファインのコンタクト(黒目が大きく見えるコンタクト)をしているのを忘れたまま撮った写真で申請してしまったパスポート。入国審査で黒目の大きさが違うことで別人と判断されるケースが過去にあると聞いていましたが、私の場合は指摘されませんでした。日本語を練習したい係員が話しかけてきたりして和やかに。でも面倒がらずに撮り直せば良かったなと思います。

マドリッドの手荷物検査ではセーターを脱ぐはめになりました。厚手のジャケットのようなタイプだったためです。中には黒のキャミしか着ていなかったので、まわりを見てみると、ヨーロピアンはほとんどランジェリーみたいなものでも全然平気そうなので、どさくさに紛れることにしました。 
では また☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですが いつも感激しています

category: ─旅

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tag:  
tb: 0   cm: --

スペインの風を私からのお土産に~中編~  

スペインは 他のヨーロッパ諸国と 本当は1時間ほど時差があるのですが 時間を合わせているため 朝本来の時間より 外はまだ暗いです。
http://chiharru.blog.fc2.com/
スペインでは 夜ごはんが9時頃。
そして次の朝は あまりお腹が減っていないから ひとかけらのパンやクッキーを食べて会社へ。仕事中お腹が減ってきた11時ごろお茶へ。 会社に電話してもお茶に行ってますと言われます。
http://chiharru.blog.fc2.com/
お昼御飯は2時頃。都会では 2時から4時頃までのシエスタの習慣は減ってきているようですが 南部へ行くと シエスタはあって その時間は道路も渋滞します。
http://chiharru.blog.fc2.com/
スペインの列車は 遅れたら返金してくれるのだそうです。けっこう時間に余裕をもって時刻表を作っているようです。

貴重品をホテルの部屋に出しっぱなしにする人はいないと思いますが お土産とか ブランド品のリップグロスとかでもなくなるという話を聞きました。ホテルの部屋のセイフティボックスも 実は簡単に開けることができるので、心配な場合はフロントの貴重品預けに。きちんと確認してもらい書面にするのが良いと思います。

広場でバルーンを作っている人と子ども達。
http://chiharru.blog.fc2.com/
http://chiharru.blog.fc2.com/
http://chiharru.blog.fc2.com/
http://chiharru.blog.fc2.com/

フラメンコのダンサー達。フラメンコの衣装が好き。
http://chiharru.blog.fc2.com/
BARで目が合った男性達はとても強い視線。日本人でその視線をする人は見たことがないです。

ではまた明日。おやすみなさいZZZ…
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですが感激です

category: ─旅

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tag:  
tb: 0   cm: --

スペインの風を私からのお土産に~前編~  

スペインから帰ってからは 家でのんびりと過ごしていました。普段はライフスタイルの一部になっているパソコンも開かず ゆっくりと流れる時間を感じるように過ごしていました。
http://chiharru.blog.fc2.com/
スペインでは その人々の素敵な素朴さに感動して帰ってきました。けっこう親切にしてもらいました。スペイン人がどこかで困っていたら助けて恩返ししようと思います。ヨーロッパにして上と下でこんなに顔も違い気質も違い アラブの血が親近感を感じます。
http://chiharru.blog.fc2.com/
サグラダファミリアは実物を肉眼で見ると なんでこんなに何百年も建設にかかるのか納得。装飾の細かさなど 石とは思えない。理屈ではないです。写真ではわからないです。
http://chiharru.blog.fc2.com/
http://chiharru.blog.fc2.com/

マドリッドのサンミゲル市場。どの国に行っても市場が大好き。http://chiharru.blog.fc2.com/
この市場は楽しくておすすめ!!
http://chiharru.blog.fc2.com/
生ハムや オリーブや チーズ  スイーツなど いろいろな店舗が30あって カウンター席でワインとおつまみを食べたりもできるし 買った食材をバルに持ち込んで調理してもらうこともできる。http://chiharru.blog.fc2.com/
すごい人ですけど 雰囲気だけでも!(スリには気をつけて!!)値段はそんなに安くはないかな。
http://chiharru.blog.fc2.com/

豚の脚の生ハム。 ハモンセラーノの ハモンは 豚の後ろ脚という意味。前脚のハムもあって 後ろ脚の方が美味しい。セラーノは 山の という意味で 山のハム。
http://chiharru.blog.fc2.com/
ドングリの林に放牧した豚は ハモンイベリコ で最高級。つま先が黒い物。値段は2倍になります。ハムの美味しさは その油の香り。温めたパンにのせると その油が少し溶け出して美味しいのです。

バレンシアのオレンジの生搾りジュース。
http://chiharru.blog.fc2.com/
スペイン語で スーモ デ ナランハ。
http://chiharru.blog.fc2.com/
http://chiharru.blog.fc2.com/
物騒な話で嫌なのですが 首絞め強盗がいるんです。個人で行く方はくれぐれも注意してください。首を絞めて意識がもうろうとしている間に 金品を奪う手口なのですが 貴重品袋を首から下げたり お腹に巻いたりしていることも知っていて それらも取って行きます。昼間でも 人通りの少ない所で起こります。

ほとんどの方が良い方なのに ほんの一部のこういう人のせいで 嫌な思い出をつくって欲しくないです。

では また明日☆良い夢を!
ランキングの投票ボタンです。どれかクリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですが いつも感激しています

category: ─旅

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tag:  
tb: 0   cm: --

海外旅行のトランクにまつわる話  

http://chiharru.blog.fc2.com/
あさってからスペインに行ってきます。今トランクに荷物を詰めているところです。すぐ影響を受けるのでなんかフラメンコっぽくなってきた。

10年は使っている年季の入ったトランクはまだまだ使えそうです。行先は治安のよい場所だけではないので、重要なのは、荷物がなくならないことです。これは一度もトラブルが起こったことがないんです。
訪れた国のステッカーは増えては、はがしたり貼ったりしています。トランクにステッカーは賛否両論ですが、こんな目立つのは盗みづらくて少しは盗難防止になっているのかも。そういうのはたまたま運だったりもすると思うのですが。

自分の国のステッカーを見つけた人が、嬉しくて思わず話しかけてきてくれたりして結構楽しかったりもするんです。

入国審査などでいろいろな国の人を見てつくづく思うのは、海外旅行に簡単に行ける国に生まれたということ。

このトランクはサムソナイトのものなのですが、私が選ぶポイントにしているのは、本体の重量の軽さ、キャスターの動きのなめらかさ、トランクを閉じた時の結合部分が壊されにくい素材なことです。

荷物紛失の予防としてやっていることは 荷物を預ける時、トランクに貼ってくれるシールが、行き先の空港のコードかどうか必ず見届けることと、ネームタグには現地での最初の滞在先のアドレスを書いておくことです。

トランクは大きくても、荷物が二つになるより私は楽に感じます。ベンチやトイレの棚に1個だけ忘れてきたということも起こりにくいです。
http://chiharru.blog.fc2.com/http://chiharru.blog.fc2.com/
但し、重量が20㎏(会社によっては23㎏)を超えると、追加料金(100ユーロということも)を請求されますので注意が必要です。¥3~4万請求されたという話も聞いたことがあります。手荷物にして軽くするか(手荷物も制限は有)連れがいるなら皆で分け合計でオーバーしなければ今のところは大丈夫なようです。

厳しいイメージといえばエールフランスだったのですが、最近は不況で重いと燃料費がかかるため、どこも厳しくなってきて1㎏ぐらいのオーバーでも見逃してくれないらしいです。

出国の時、追加料金がかからなくてラッキーと思ったのもつかの間、重量オーバーのスーツケースは重い分、衝撃などで破損しやすく、その際、補償が受けられないことも。スーツケースが破損して、重量オーバーだった場合、スーツケースの補償はあっても、追加料金をしっかりと徴収されることになります。 

安い航空会社は、超過料金を細かく徴収されることが多いです。

最近はクレジットカードも暗証番号のみでサインなしになってきていますね。国によっては暗証番号を覚えて行かないとクレジットカードが使えなかったり、クレジットカード利用の際に身分証明が必要だったりします。

国が違えばルールは違うので、いろいろ準備が必要ですが、それでもやっぱり旅での経験というのはかけがえのないものだと思うのです。

ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですがあなたに感激です

category: ─旅

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tag:  
tb: 0   cm: --

黒目が大きく見えるコンタクトの入国審査のトラブル  

http://chiharru.blog.fc2.com/
今日、パスポートの申請に行ってきました。

その場に写真撮影の機械がないため、あらかじめ撮影したパスポート用の写真を持参したのですが、パスポートセンターの方に指摘されるまで、黒目が大きく見えるコンタクトをしたまま撮影した写真だったことをすっかり忘れていました。

このコンタクト装着の写真でのパスポート申請は受け付けてはいるものの、「トラブルが起きた際は自己責任で!」と強く念を押されました。

「5年間本当にこのコンタクトを使い続けるんですか?」とも言われましたが、もう一度来るのが面倒でそのまま申請してしまいました。老眼用コンタクトになっても、入国用にいくつかこのコンタクトをとっておかなくちゃダメですね(笑)

カラーコンタクトはパスポートの写真としては通らないのですが、このタイプのコンタクトは、色が付いているのは黒目の縁だけなので瞳の色には影響しないからです。 



調べてみたところ、入国審査の際にコンタクトを外していたため、「パスポートと瞳の大きさが違うのであなたは別人だ!」と言われるトラブルはあるよう。入国審査では「瞳の認識」がかなりの大きさを占めているようです。

付けまつげやアイラインの方がよっぽど顔が変わるような気もするのですが。
 
顔の造作より瞳の認識なのでした。

ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですがあなたに感激です

category: ─旅

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tag:  
tb: 0   cm: --

歩いてメキシコの国境を越えたこと  

http://chiharru.blog.fc2.com/
via aroundustyroads.com

妹がカリフォルニアのサンディエゴという、メキシコとの国境の街に住んでいたので、歩いてメキシコの国境を越えました。カメラを持っていかなかったので、pinterestから画像を探して載せますね☆

国境は、よく施設などに入場するときにあるような、三股になった押すと回転するバーを押して通り抜けるだけでした。パスポートも要らないし 何も聞かれないし というか 係員もいませんでした。

国境を越えると 建物の色も 流れている音楽も そして人の顔も 何もかも一気に雰囲気が変わり「メキシコだ!」と気分が高まります。
メキシコの国境の街ティファナです! 
http://chiharru.blog.fc2.com/
via pinterest

この聞こえてくるラテンの音楽と 人々の個性と ラテン特有の明るくて激しくて人情味のあるこの感じ。いつも ああ やっぱり好き!と思います。

治安は 昼間のメインストリートなら 女性一人でも 気を付ければ大丈夫だと思いましたが 過信はしないでくださいね。私は、手ぶらで安っぽい服装をしていましたが それでも 店の人にはかなり声をかけられるし 子どもに「ガム買って!」と言われたりします。

ここはやたら薬局ばかりです。メキシコは処方箋なしで薬が買えるので 保険に加入していないアメリカ人が薬を買いに来るからなのだそう。

アメリカはお酒が飲めるのが21歳からですが メキシコは18歳からなので 夜になるとアメリカのティーンエイジャー達もやってきます。
http://chiharru.blog.fc2.com/
via pinterest

メーターがついていないタクシーもありましたから 確認したほうがいいです。相場の金額を把握しておいた方がいいですよ。

不法入国もあるようで アメリカから入る方の車道を 車で逆走して出て行ったり 逆に アメリカからメキシコに入って 警察の追跡から逃げ切ることもあるみたいです。

メキシコから アメリカに帰るときは大変です。入るときはあんなに簡単だったのに 空港のような税関審査があって 車の場合は大渋滞だし 歩きでも渋滞です。
http://chiharru.blog.fc2.com/
via pinterest

この時 もし パスポートがなかったり アメリカに入国した時にパスポートの中にホッチキスでとめられる あの紙きれがなかったら 誰かにそれを探してここまで持ってきてもらうまでは 帰れなくなってしまいますので 注意です!

ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですがあなたに感激です

category: ─旅

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tag:  
tb: 0   cm: --

モロッコを旅して ~後篇~  

サハラ砂漠で 日の出を見るため 砂が少し小高くなっている所に登ったのですが 私は ほんの少しヒールがついたビーチサンダルでしたが これは絶対にダメです。砂浜とは 全く違います。あまりにも 砂がサラサラ過ぎて アリ地獄に埋もれるような感じになります。裸足はラクダのフンを踏む覚悟で。何かの破片などで足を傷つける心配もあります。
IMG_1602.jpg
昔牧場で働いていたことがあって馬には慣れているし 乗ったこともあるのですが モロッコでは初めてラクダに乗りました。そのあまりの違いでびっくりしたのは 降りる時 立っていたラクダが ヒザを急に ガクンと折って 急降下するんです。これが結構 心の準備がないと 体に衝撃があると思います。あとは 乗っている時 つかむところが かなり前の方なので 小柄な人だと手が届きづらいかも知れません。
IMG_1542.jpg
食べ物に関しては モロッコの人達とは お腹にいるバクテリアが違うので 急性腸炎になる人もいるようです。1週間くらいで慣れるらしいんですけどね。
「日本人はモロッコでお腹をこわすと言うけど、モロッコ人だって日本でお寿司を食べたらお腹をこわすんだ!」そうです。

モロッコで物を買うのは楽しいです!値段がついていないので交渉して決めるんです。値段は自分のその物に対しての価値で決めればいいと思う。多分 日本人なら最初に言われた値段の1/3から1/5くらいにはなると思ってもいいかも。ただ こちらも歩み寄っている気持ちを見せたいので 最初自分で決めた値段よりも少し安い値段を言って 心の中で思っていた値段まで下がったら買うという感じがいいかも。

いまだに謎なのは イスラム式トイレです。あんまりリアルに詳しくも聞けないし。桶に汲んだ水を使って左手で洗うって…謎です! 触るってことだよね?!

モロッコの好きなところは 人のフレンドリーさです。私が感じたのは 親切で人に対して失礼な態度を取ったりしない人が多いなと。西洋のように 密かな差別のようなものも感じない。でもイスラムですから 女性にとっては 実際に住んでみなければわからないことがたくさんあるとは思いますが。好奇心の強い私はだから住んでみたいかな。

ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですが感激です

category: ─旅

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tag:  
tb: 0   cm: --

モロッコを旅して ~前篇~  

ドバイのエミレーツ航空。飛行機の天井にはたくさんの星が。
IMG_1422.jpg
人生の中で できるだけたくさんの国に行ってみたいと思っています。今まで17の国に行きましたが その中でもう一度行ってみたい 住んでみたいと思った国はモロッコです。アフリカ大陸の一番上 スペインの海を挟んで南 サハラ砂漠があるイスラムの国です。
IMG_1654.jpg
私は真夏に行きましたが イスラムの国なので 女性は肌の露出ができませんから 敬意を表して 長袖とマキシ丈スカートで過ごしました。イランとかならヴェールもかぶらないとだめだと思いますが モロッコはヨーロッパに近いですし観光客ならそんなに守らなくても大丈夫な感じでした。

ただ 現地の男性にとっては 女性の肌の露出は目を引くとは思います。
IMG_1517.jpg
モロッコで日本人女性はモテますよ。モロッコ女性は貞操の問題がありますし 結婚となるととてもお金がかかりますし。日本人女性と結婚して 日本で働きたいと思っている人もいると思います。勿論一部の人だとは思います。
IMG_1522.jpg
ちょうど 断食(ラマダン)の期間の真っ最中でしたから 空腹な現地の人の前でかわいそうなので飲食しないように気を配りました。断食と言っても 太陽が沈んでいる間は飲食できるので 太陽が沈むと人々はぞくぞくと外に出てきて お店も賑やかになり 夜通し活気があって そんな独特の文化を見ることができて貴重な体験をしました。
IMG_1478.jpg
断食というより「食いだめ」という感じに見えるような。こんなことを言ったら怒られますね。ごめんなさい。でも 多分 あの食べ方は 断食というより 逆に太ると思うわ。ただ ラマダン中は レストランなどは休んでるところも多いですし 観光には不便かもしれません。
IMG_1477.jpg
ではまた☆
クリックで応援してください!  
       ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
どなたが押してくださっているのかお顔は見えないのですが感激です

category: ─旅

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tag:  
tb: 0   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。